ご挨拶

令和4年版高齢社会白書(内閣府)によれば、2022年の65歳以上の高齢者人口は3593万人で全人口に対する高齢者人口割合は28.53%となり増加を続けています。一方で、15歳未満の年少人口は1504万人、年少人口割合は11.94%で年々割合が低下しているという少子高齢化が顕著です。
この様に世界に類を見ない超高齢社会の日本において、介護に関する様々な問題が社会問題になっています。
特に「働き手の確保が困難」になっており、それに伴い介護施設運営への悪影響が出ており、また介護離職等により社会的コストの増加等問題が重大化しています。

よって弊社ではこのような社会問題の解決の一助となるべく、 レスパイトケアサポートのため、介護施設及び個人宅へみまもり(介護)用品の提供を行います。
また、近い将来アジア諸国でも高齢社会を迎え、それに対応するために弊社はレスパイトケアサポート事業(介護をする側の支援事業)をアジア諸国へ輸出し事業拡大を目指します。

MICOEGG株式会社 代表取締役 白石明仁